飯田橋総合法律事務所

飯田橋総合法律事務所 > 記事コンテンツ > 高額な退去費用を請求されてしまった

高額な退去費用を請求されてしまった

記事コンテンツ

住んでいた物件を退去する際に、心当たりのない高額な退去費用を請求されてしまった場合には、どうすればよいのでしょうか。

どんなに不当な請求であっても、放置したまま物件を出て行ってしまうと、トラブルに発展する可能性が非常に高いです。

この記事を読んで、このような場合の適切な対処法について知っておきましょう。

 

高額な退去費用を請求された場合の対処法

 

①金額および内訳を確認する

まず、退去費用の金額が適切なものであるか確認する必要があります。

参考までに、実際に退去費用を請求された場合の相場はワンルームから1LDKまでの大きさでは5万円、それ以上だとおよそ10万円までにおさまっているようです。

これを大きく超えるような額の請求をされている場合には、本来退去費用とできないようなものが退去費用に数えられている場合があり、注意が必要です。

 

続いて、退去費用の内訳の確認です。

そもそも、退去費用とは借主の故意過失による汚損・損壊にかかる費用に限られます。

さらに、住んでいる期間が長いほど借主が負担する額は少なくなります。

もっとも、特約がある場合にはその分の額を払う必要があるため、契約書の内容に注意してください。

借主の故意過失による傷、例えば家具の移動の際についた傷やタバコによる壁の汚れなどは借主負担となりますが、通常使用に伴う経年劣化については借主が負担する必要はありません。

このようなものまで含められていると考えられる場合には、確認して交渉を行うことが必要になってきます。

 

②交渉・相談を行う

以上の確認によって、退去費用が不当に高額なものであることが判明したら、交渉や相談を行うことになります。

以下、具体的な手段について見ていきましょう。

 

まずは大家さんとの交渉が考えられます。

この際に重要なのは、確認した内訳について具体的に、本当に退去費用に含まれるものなのか確認することです。

また、明らかに退去費用に含めることのできないはずの項目がある場合には、その部分について減額を求めることも必要です。

さらに、居住期間が長くなっている場合、退去費用に含めることができない経年劣化による損耗の程度も高いと考えられるので、それを原因とした減額を求めることも考えられます。

 

大家さんとの交渉がまとまらない場合には、消費生活センターに連絡するのも一つの手です。

また、それでもうまくいかないような場合には、簡易裁判所での民事調停を行うことも考えられます。

敷居は高いかもしれませんが、裁判官の介入があるため、法外な請求をされているような場合には効果的です。

 

退去費用については飯田橋総合法律事務所にご相談ください

 

退去費用に関するトラブルは、誰の身にも起こり得る身近なものです。

もしも不当に高額な退去費用の請求をされて困るようなことがあれば、法の専門家である弁護士への相談もおすすめできます。

飯田橋総合法律事務所では、退去費用をはじめとした不動産トラブルについての相談を承っております。

お気軽にご相談ください。