飯田橋総合法律事務所

飯田橋総合法律事務所 > 記事コンテンツ > 集合住宅で漏水事故を起こしてしまった時にやるべきこと

集合住宅で漏水事故を起こしてしまった時にやるべきこと

記事コンテンツ

集合住宅で漏水事故を起こしてしまった場合、どうすればよいのでしょうか。

 

漏水事故には水の出しっぱなしなど本人の過失による場合のほか、水道管が老朽化していたなど本人に責任が認めがたい場合も考えられますが、どちらにしても全く予想外のことで焦ってしまうことでしょうから、あらかじめ迅速かつ適切な処理の方法を知っておく必要があります。

 

また、漏水事故が起こってしまうと他の階に被害が拡大してしまう場合も多々あります。

そのような場合に発生してしまった損害について、自分で賠償する必要があるのか否かも気になるところだと思います。

以下、見ていきましょう。

 

集合住宅で漏水事故を起こしてしまった場合の対処法

 

①管理会社に連絡する

まずは、自身の住んでいる集合住宅の管理会社に、漏水事故が起こったことについて直ちに連絡をしてください。

他の階の状態を確認するには管理会社の力を借りる必要があり、実際に他の階で被害が拡大し続けているような場合には管理会社と連携して拡大を防ぐ必要があります。

状態の確認・被害の拡大防止のため、迅速に連絡しましょう。

 

②漏水の原因を特定する

漏水の原因を特定することで、漏水を止めることができるのはもちろんのこと、漏水について誰に責任があるのかが判明します。

これによって後の損害賠償請求が誰に行われるか決まることになるため、原因の特定は重要になってきます。

 

③被害者への謝罪を行う

他の階の住人に漏水の被害が及んでしまった場合、トラブル防止のためにも管理会社に任せきりにせず自ら謝罪するなどの対応が必要になってきます。

 

損害賠償をする必要はあるのか

 

では、他の住人に損害が出た場合には、損害賠償をする必要があるのでしょうか。

これは漏水事故がどこで発生したかに依存することになります。

 

漏水事故が専有部分、つまり自分の住んでいる部屋で発生した場合、居住者の不注意が原因であるような場合には居住者自身で損害賠償責任を負う必要があります。

水の止め忘れなど不注意が原因であったような場合が代表例です。

 

一方で、居住者が損害発生防止に必要な通常の注意をしていた場合には専有部分の所有者が損害賠償をすることになります。

そのため、水道管の老朽化など居住者が通常の使用をしているうえではわからない事情で漏水があったような場合には、所有者が責任を負うことになります。

 

漏水事故が共用部分で発生した場合には、管理者もしくは集合住宅の所有者すべてが損害賠償責任を負います。

共用部に位置する水道管が劣化していた場合が代表例です。

 

もっともこのような漏水事故の場合には、実際には保険金がおりることがほとんどです。

したがって賠償金を自分のお金で払わなければならないような事態にはなりにくいといえるでしょう。

 

漏水事故については飯田橋総合法律事務所にご相談ください

 

以上の通り、漏水事故が起こってしまった場合には迅速な対応をすることが大切ですが、その際問題が起こってしまった場合には法の専門家である弁護士への相談をおすすめします。

飯田橋総合法律事務所では、漏水事故をはじめとした不動産トラブルについての相談を承っております。

お気軽にご相談ください。