飯田橋総合法律事務所

飯田橋総合法律事務所 > 記事コンテンツ > 遺産分割調停を行うメリットとデメリット

遺産分割調停を行うメリットとデメリット

記事コンテンツ

遺産分割調停とは、遺産分割協議が当事者間でまとまらなかった場合に、家庭裁判所を通じて協議を行う手続きのことです。

調停では、裁判官である審判官と調停委員で構成される調停委員会が申立人と相手方の双方から話を聞き、遺産分割の内容がまとまるように協議を行います。

遺産分割の内容について当事者の合意が得られれば、調停証書が作成され、確定判決と同一の効力を有します。

 

遺産分割調停を行うメリット

 

遺産分割協議を行う一番のメリットは、裁判所が介入することで、冷静な話し合いのもとで解決が見込めることです。

当事者同士ではお互い感情的になってしまい、話が進まないことが多々あります。

遺産分割調停であれば、お互い顔を合わせることなく話を進めることができます。

 

また、調停委員からの法的助言を得ることもできます。

そして、調停委員は、双方の意見を聞くことで、お互いが納得できる落とし所を探していきます。

そうすることで、解決できる見込みが上がるといえます。

そして、手続きの内容は非公開であるため、プライバシーも守られます。

遺産分割調停によって決まった内容は、調停証書に記され、確定判決と同一の効力を有します。

そのため、他の相続人が遺産分割の内容通りに財産を分けなかった場合には、強制執行をすることも可能です。

 

遺産分割調停を行うデメリット

 

遺産分割調停を行うデメリットは、遺産分割まで時間がかかることです。

調停は一般的に1ヶ月に1度行われ、合意に至るまでの平均期間は約1年ほどです。

当事者間では全く解決が見込めずこう着状態にある場合には、1年で解決するなら早いという場合もありますが、かなり時間がかかるといえます。

また、調停を行ったからといって、必ずしも解決できるわけではありません。

当事者の合意が得られなければ、審判手続きに移行し、さらに解決に時間を要する場合もあります。

 

相続については、飯田橋総合法律事務所までご相談ください

 

相続では、親族間でもトラブルも多く発生します。

トラブルが生じてしまった時に、いかに最小限の時間と労力で解決をするかは重要です。

特に、親族である以上、今後も顔を合わせることもあるでしょう。双方が納得できる相続手続きにするために、専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

また、相続トラブルを生じさせないために、遺言書を作成するなど、生前対策をしておくことも有効です。

弁護士であればトラブルを未然に防ぐお手伝いも可能です。

お困りの際は、飯田橋総合法律事務所までご連絡下さい。お待ちしております。